セクシーな女性

セクキャバはちょうどいい

キャバクラは頻繁に利用するけど、セクキャバは利用しないという男性は多いようです。しかし実際は、キャバクラを利用している人のほとんどがセクキャバにも通っていることでしょう。ではなぜキャバクラ通いは公言できるのに、セクキャバは公言できないかというと、セクキャバは性的欲求に訴えかけるサービスであるためです。旦那や彼氏のキャバクラ通いには目を瞑るけれども、セクキャバ通いを黙認できる女性は少ないはずです。
ではセクキャバとはどういったものかというと、端的に言うと、女の子が上半身裸のキャバクラです。なので、お店に足を踏み入れてみると、キャバクラとセクキャバでは全く違った光景が繰り広げられています。キャバクラはお酒を飲みながら女の子とお話しするところですが、セクキャバはお酒を飲みながら、女の子とお話したり、女の子のおっぱいを触ったり吸ったりできるところなのです。
当然、女の子との触れ合いには限度があり、一般的な風俗のようにヌキがあるわけではありません。下半身のタッチも反則です。ただ、女の子の肌に触れながらお酒を飲むことの快感を覚えてしまうと、なかなか普通のキャバクラでは満足できなくなってしまいます。キャバクラに行ったとしても、2軒目はセクキャバっていうのがお決まりです。女の子と最後までしたい人は別ですが、それ以外の人にとってはセクキャバは男性にとって素晴らしく「ちょうどいい」お店です。